「中小企業区分」「大企業区分」ってどこが境目なの?

◆助成金は、中小企業のほうが何かと有利に 雇用関連助成金では、多くの助成金で申請企業が「中小企業」であるか「大企業」であるかを区分し、その区分に応じて助成金額や助成率が設定されています。 例えば、キャリアアップ助成金(正 …

「社員が外部研修に参加するための休暇」を取れる制度の助成金

社員が社外のセミナーや研修に参加することは、どの会社でもよくあることです。そのセミナーが勤務日・勤務時間帯に実施され、本人がそれに参加したい場合は、会社に仕事を抜ける許可をとって参加する形になります。 ◆「教育訓練休暇等 …

パートスタッフの時給を5%アップすれば申請できる助成金とは?

最近ではパートスタッフの時給相場もどんどん上がり、せっかく定着してくれたスタッフさんが離職しないよう、何らかの手立てを考えられる会社様も増えてきました。 「やっぱり、ある程度時給をアップしないと…。」とお考えでしたら、キ …

生産性が向上した会社は、助成金の加算が受けられます!

昨今の「働き方改革」「生産性向上」の労働政策の流れに沿って、雇用関連助成金においても「生産性が高まった会社に対するインセンティブ」として、助成金の加算が受けられるようになりました。 ◆生産性って何ですか? では、何をもっ …

評価・賃金制度の構築には「人事評価改善等助成金」が活用できる!

◆人事評価制度の導入で国から最大130万円の助成金 「人事評価改善等助成金」とは、正社員を対象とした人事評価制度と、評価に基づいて賃金を決定する制度を併せて導入した会社が申請でき、平成29年度から導入されています。 ①制 …

就業規則を届出しないと助成金は受給できない!?

雇用関連助成金を申請するには、会社として当該助成金申請の対象(要件)となる取り組み(制度)を実施することを、従業員に対して周知しなければなりません。 そして、その周知を行うために実施するのが「就業規則への明記(改定)」で …

助成金の申請対象となる「キャリアコンサルティング」とは?

◆「キャリアコンサルタント」が行う面談です キャリアコンサルティングとは、専門資格を有した「キャリアコンサルタント」が行う面談で、面談対象者のキャリアを通じた将来目標を明確化することを目的として行う面談です。 「キャリア …

キャリアアップ助成金(正社員化コース)の就業規則改定方法②

前回、『キャリアアップ助成金(正社員化コース)の就業規則改定方法①』で、盛り込むべき規定の内容について解説しました。 今回は、その就業規則の位置づけや適用関係についての留意点を解説します。   ◆就業規則の適用 …

キャリアアップ助成金(正社員化コース)の就業規則改定方法①

◆盛り込むべき「転換規定」の内容 キャリアアップ助成金(正社員化コース)を適用するには、自社の就業規則に「転換規定」を盛り込み、施行させておく必要があります。 盛り込むべき転換規定の内容は、各種ガイドや労働局の指導から、 …

男性の育休取得が対象となる「イクメン助成金」とは?

◆どんな場合の男性育休が助成金の対象となるのか? 「男性の育休」というと、一部の大手企業の話と思われるかもしれませんが、実は中小企業にとっても大きなメリットがあることなのです。 「両立支援等助成金(出生時両立支援コース) …