社労士がおススメする「有休管理」に適したクラウド勤怠システム

2019年4月開始の「有休付与義務化」とは? 『年10日以上の有給休暇を持つ従業員に対し、最低5日の取得を義務付ける』 という法改正が、この4月になされました。 「うちは中小企業だから、有休は無いんですよ~」という経営者 …

2019年度 時間外労働等改善助成金【勤務間インターバル導入コース】

勤務間インターバル制度の趣旨 「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時 間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防 止を図るための制度です。 上記の …

~全ての中小企業が義務化の対象に~有給休暇最低5日取得ルール【2019年4月スタート】中小企業が取るべき対策

「働き方改革」が叫ばれる中、 全ての中小企業にとって一番の影響がある法改正が、 「有給休暇の義務化」 と言われるものです。 2019年(平成31年)4月より施行されており、実は対策待ったなしの課題です。 何か変わるのか? …

助成金をもらうための「勤怠管理のポイント」

助成金申請の際は、申請対象者の「勤怠帳票」の添付が必ず求められます。 申請時に慌てることのないよう、日常からの整備・管理が必要です。以下に、整備上の留意点を列挙します。 タイムカードまたは出勤簿を整備する タイムカードを …

助成金をもらうための「対象者の基本条件」

保険への加入が条件に助成金を申請するには、助成金制度ごとの申請要件を満たす「対象労働者」がいることが大前提となります。そして、助成金の財源が「雇用保険」であることから、対象となりうる対象者は、「雇用保険被保険者」であるこ …

助成金をもらうための「会社としての基本条件」

雇用関連助成金とは、 雇用保険適用事業所に対して国から支給される「返済不要の支援金」です。 人材の雇用や育成、処遇改善に関する一定の要件を満たした事業所から申請を受け付け、審査を経て事業所に支給されます。 金融機関からの …

助成金が受給されるまでの期間ってどれくらいですか?

「助成金はいつ頃入金されますか?」 は、非常によく聞かれる質問です。 そりゃそうですよね。 誰でもいちばん気になるのはそこです。 助成金受給までの大まかな流れとしては、 ①計画申請  ↓ ②実施  ↓ ③支給申請  ↓ …

せっかく申請しても、雇用保険適用事業所でなくなれば助成金は受給できない

雇用関連助成金には、「雇用保険適用事業所であれば受給できる」という大前提があります。 「雇用保険適用事業所」自体には、雇用保険加入者が1名でもいればなれますので、助成金を申請するうえでハードルが低い、という趣旨でよく語ら …

「中小企業区分」「大企業区分」ってどこが境目なの?

助成金は、中小企業のほうが何かと有利 雇用関連助成金では、多くの助成金で申請企業が「中小企業」であるか「大企業」であるかを区分し、その区分に応じて助成金額や助成率が設定されています。例えば、キャリアアップ助成金(正社員化 …